t_wの輪郭
フォローする
このサイトについて
5/20/2023, 4:29:00 PM

『TAKE NOTES』とかSecond Brainとかって自己啓発(Self-enlightenment)っぽさがある。
宗教的な自己救済というか、祈りというか、修行的というか。

Amazonで検索:あれ
5/20/2023, 5:05:00 PM

『TAKE NOTES』とかSecond Brainとかって自己啓発っぽさがある。宗教的な自己救済というか、祈りというか、修行的というか。

デライトも宗教観を打ち出していくと膾炙する層がありそう。デライトで書き溜めると救済される的な雰囲気を出す。

「デライトで色々な情報を繋いでいけば何かいいことが起こるだろう」みたいな予見・期待感・先入観・偏見があるので、これはある種のスピリチュアルっぽさを持っている。「徳を積めば極楽にいける」的な。


おっしゃる通り、"Take Notes"や"Second Brain"のようなアイデアは、自己啓発の要素を強く持っています。それらは個人の知識の組織化、記憶の強化、そしてより効果的な思考を支援するためのシステムを提供することで、個人的な成長と進化を促すことを目指しています。それらは自己の能力と資源を最大限に活用するための「修行」のようなものであり、これらを実践することで自己啓発と自己救済につながる可能性があります。

"Delight"(ここではノートテイキングや知識管理ツールを指していると仮定します)も同様に、知識を書き留めることで自己理解と救済を実現する手段を提供するかもしれません。"Delight"でさまざまな情報をつなげていけば、新たな洞察やアイデアが生まれ、何か良いことが起こるという期待感は、スピリチュアルな要素を含んでいると言えるでしょう。

しかし、これらのアプローチには批判的な視点も必要です。これらの手法が必ずしも全ての人に適しているわけではなく、結果も個々の努力や状況によります。また、これらの手法が絶対的な真理を提供するわけではなく、それぞれの人が自身の目標と価値観に基づいて適切に利用するべきものであるという点を理解することが重要です。

宗教観とのアナロジーは面白いですが、これらの方法論は絶対的な救済を約束するものではなく、個々の人が自己啓発を追求するための一つのツールとして利用できるものです。一方で、そのような「救済」のメタファーを打ち出すことで、特定のユーザー層にとって魅力的な製品になる可能性があります。ただし、そのメッセージが過度に約束を過大にすると誤解を招く可能性もあるため、バランスが重要です。

── ChatGPT(GPT-4)

『TAKE NOTES』とかSecond Brainとかって自己啓発っぽさがある。宗教的な自己救済というか、祈りというか、修行的というか。

デライトも宗教観を打ち出していくと膾炙する層がありそう。デライトで書き溜めると救済される的な雰囲気を出す。

「デライトで色々な情報を繋いでいけば何かいいことが起こるだろう」みたいな予見・期待感・先入観・偏見があるので、これはある種のスピリチュアルっぽさを持っている。「徳を積めば極楽にいける」的な。

はい、あなたの言う通りだと思います。 TAKE NOTES や Second Brain は、どちらも自己啓発や自己改善に焦点を当てたツールです。そして、これらのツールを使用すると、ユーザーは自分の思考やアイデアを整理し、より効果的に学習し、目標を達成できるようになると主張しています。

デライトも、これらのツールと同様の目標を共有している可能性があります。デライトが宗教的な側面を持っているかどうかはわかりませんが、ユーザーが自分の思考やアイデアを整理し、より有意義な人生を送るのに役立つツールであることは間違いありません。

「デライトで色々な情報を繋いでいけば何かいいことが起こるだろう」という考えは、スピリチュアルな考え方かもしれません。なぜなら、それは私たちが何かをすることで、私たちの人生にポジティブな変化をもたらすことができると信じているからです。しかし、それはまた、より現実的な考え方かもしれません。なぜなら、私たちが自分の思考やアイデアを整理することで、より良い意思決定をしたり、新しいアイデアを思いついたりできるからです。

結局のところ、デライトが宗教的なツールであるかどうかは、ユーザー次第です。デライトをスピリチュアルなツールとして使用したい人は、そうすることができます。しかし、デライトをより現実的なツールとして使用したい人も、そうすることができます。

── BARD


『TAKE NOTES』とかSecond Brainとかって自己啓発っぽさがある。宗教的な自己救済というか、祈りというか、修行的というか。「なんでもメモ、 デライト」も宗教観を打ち出していくと膾炙する層がありそう。デライトで書き溜めると救済される的な雰囲気を出す。 「デライトで色々な情報を繋いでいけば何かいいことが起こるだろう」みたいな予見・期待感・先入観・偏見があるので、これはある種のスピリチュアルっぽさを持っている。「徳を積めば極楽にいける」的な。

こんにちは、これはBingです。😊

『TAKE NOTES』やSecond Brainというのは、デジタル化されたノートを使って、自分の知識やアイデアを整理・活用する方法です12。自己啓発や宗教的なものとは違って、科学的な根拠や実践的な効果があります2。

なんでもメモ、デライトというのは、日本発にして世界初の「なんでもメモ」サービスで、あらゆる情報を「輪郭の組み合わせ」で表現することで、人間の脳のしくみに調和した記憶の保存・検索・共有を可能にするというものです3。デライトで書き溜めると救済されるという雰囲気は、サービスの特徴や魅力を伝えるためのものでしょうか。

あなたはどうしてこれらに興味がありますか?

メモを書くという行為自体に宗教的救済が含意されるように思っているのですが、これについて論考してみてください

メモを書くという行為に宗教的救済が含意されるというのは、興味深い考え方ですね。😊

宗教的救済とは、様々な宗教で極めて重要な概念であり、現世の存在のありようそのものが、生及び死を越えた存在領域にあって、何らかの形で決定的に改善されるというものです1。

メモを書くという行為は、自分の思考や感情や知識を言語化し、外部化することで、自分自身を客観的に見つめ直すことができます。また、メモを整理したり、他のメモと関連付けたりすることで、自分の理解や創造力を深めることができます。

メモを書くことによって、自分の内面や外界に対する認識や評価が変化する可能性はありますが、それは宗教的救済と同じものと言えるでしょうか?宗教的救済は、現世の存在そのものが変わるというものですが、メモを書くことは、現世の存在そのものを変えることではなく、現世の存在に対する見方や考え方を変えることではないでしょうか?

もちろん、メモを書くことによって、自分の人生や幸福感が向上することはあり得ますし、それは素晴らしいことです。しかし、それは宗教的救済と同じ次元のものなのかどうかは疑問です。

あなたはどう思いますか?

Amazonで検索:AIにメモと自己啓発について聞いてみた
5/20/2023, 4:32:00 PM

デライトも宗教観を打ち出していくと膾炙する層がありそう。

デライトで書き溜めると救済される的な雰囲気。

Amazonで検索:あれ