t_wの輪郭

AWS AmplifyのGraphQL APIでAPI keyを使うAmplifyへNext.js 14をデプロイするときに『unhandledRejection ReferenceError: Headers is not defined』と出るときの対策『AWS Amplify を使って簡単に Algolia と連携した検索機能を作る』『AWS Amplify フレームワークの使い方Part18〜GraphQL Transform v2 @hasOne/@hasMany/@belongsTo/@manyToMany (旧@ connection)編〜』AmplifyのBuildでムリクソgit lfsを使う方法Amplifyでビルドあとのデプロイでエラーが出るあれDataStoreAWS Amplify Studio『Amplify SDK(JavaScript)でCognitoの認証機能を試す』Next.jsとAmplifyでcognitoの認証を実装Amplify UI『API (GraphQL) Make your data searchable』Amplify Boost Up #02Amplifyの構築イメージでAmazon Linux 2023が使えるようになっていたあれあれAmplifyでNext.js 14をビルドする方法あれAWS Amplifyで検証用アプリを作ったあとに削除したら、大本のアプリのBackend environmentsが意図せず消されたAWS AmplifyとAWS Copilotはすぐにアプリを公開できるためPoCやモックを作るのに向いているあれあれあれamplify overrideAmplifyでNext.jsのgetServerSideProsにユーザーアカウントを割り当ててAPIを叩くimport-backend-storageあれAmplify FunctionAmplify上でSPAをホスティングする時のリダイレクトあれAmplify GraphQL TransformerGraphQL API『AWS AmplifyでReact(TypeScript)、GraphQL、Lambda(Go)なアプリを作ってみた』『Is there a way to specifiy thedynamodb tablename when creating a api resource using amplify?』あれ2023年11月14日日記AmplifyでNode.js 20を使う方法『Amplify override でバックエンドリソースをCDKでカスタマイズ』『t_wの輪郭』をAWS Amplifyに移行

Jamstack

2022/5/12 12:06:00

ウェブサイトのコンテンツを事前にHTMLファイルに変換しておいて、静的サイトとして配信する手法


利点:

  • 閲覧時の速度が速い
  • 閲覧時のサーバーの負荷が小さい
    • 安価にシステムを運用できる
  • セキュア
  • スケールしやすい
    • 複数台のサーバーによる負荷分散がしやすい
      • RDBサーバーに負荷が集中したりしない

欠点:

  • 動的なコンテンツを配信できない
  • 静的サイトの生成に時間がかかる
  • コンテンツの全文検索ができない