t_wの輪郭

Feedlyでフォローするボタン
『サイバースペースの地政学』読みかけの本『達人に学ぶDB設計徹底指南書 第2版』地政学の本は地図すら正しくないことが多い地図に致命的な誤りがなかった地政学の本は39冊中4冊のみ『ボーアとアインシュタインに量子を読む』『コンセプトから理解するRust』『「ポップ地政学」本の 掲載地図批判 主に高校地理レベルでの内容の誤りについて 近藤暁夫(愛知大学)』『失敗から学ぶRDBの正しい歩き方』『溶ける魚』『電脳のレリギオ』『空海の夢』『ライフゲイムの宇宙』『ハッカーと画家』『概念記法』本のヒートマップ『NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法』『呼吸の科学』『それでも選挙に行く理由』『多数決を疑う 社会的選択理論とは何か』『社会はなぜ左と右にわかれるのか 対立を超えるための道徳心理学』『HARD THINGS』『ニューエクスプレスプラス エスペラント語』『The Story』『Designing Object-Oriented User Interfaces』『The Elements of User Interface Design』『Designing for the User with OVID』あれ『インターネットを生命化する:プロクロニズムの思想と実践』『法律家のためのコンピュータ利用法: 論理プログラミング入門』『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』『歩兵は攻撃する』本の多重要約『算術の基礎』『人間はどこまで家畜か』『最後にして最初のアイドル』『プログラマのためのSQL 第4版 すべてを知り尽くしたいあなたに』『達人に学ぶSQL徹底指南書 第2版』『索引 ~の歴史』本の運用について『天人五衰』『奔馬』『Building a Second Brain: A Proven Method to Organize Your Digital Life and Unlock Your Creative Potential』『SECOND BRAIN(セカンドブレイン) 時間に追われない「知的生産術」』安田三郎・原純輔『社会調査ハンドブック』『逆説のスタートアップ思考』『そいねドリーマー』『神々の歩法』『選択なしの進化』人工言語を作ろうとする本『遅刻してくれて、ありがとう(下) 常識が通じない時代の生き方』『ときほぐす手帳』『喫茶アメリカンについて言いたいことやまやまです: 5年間の主観たっぷり研究記録 (やまま書房)』『啓蒙とは何か』『Soft Skills』『心の社会』『ホロン革命』『実践 スタンフォード式 デザイン思考 世界一クリエイティブな問題解決 できるビジネスシリーズ』文章力が付きそうな本『問題社員の正しい辞めさせ方』『Writing Without Teachers』『アジャイルコーチング』『フラット化する世界 経済の大転換と人間の未来』『遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方』『SKYWARD 総合英語』英語の本『伝わる英語表現法 (岩波新書)』『英語の思考法 ――話すための文法・文化レッスン (ちくま新書)』『論理的に思考する技術──みるみる企画力が高まる「アウトライン発想法」』『パワーシフト』『原始仏典 (第1巻) ブッダの生涯』『遊ばせる技術 チームの成果をワンランク上げる仕組み (日本経済新聞出版)』『The PARA Method: Simplify, Organize, and Master Your Digital Life 』『融けるデザイン ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論』あれ『今年に読んでよかった「ニンゲンの不合理と付き合う」ための本まとめ (今年じゃないのもちょっとあり)』『クラウド時代の思考ツールWorkflowy』『先送り0』あれやべぇ本良すぎる本『BIG THINGS どデカいことを成し遂げたヤツらはなにをしたのか?』『データベースシステム(改訂2版)』『本はおもしろければよい - しゅみは人間の分析です』『世界は時間でできている』『予備校なんてぶっ潰そうぜ。』読みかけの本が読み手に敗北感を植え付ける書籍興味がない分野の興味が湧く本は奇貨興味がない分野の興味が湧く本『日本史から見た日本人』『HOW BRANDS GROW』『異邦人』『ブランディングの科学』『ルールズ・オブ・プログラミング』溝口 理一郎『オントロジー工学 (知の科学)』本の栞に「情報カード」を使う高い本は何とか理由をつけて会社に買わせたい『型システム入門』本を借りる本を書く『なめらかな社会とその敵』『ニューロ・ファジィ・遺伝的アルゴリズム』『論理学を作る』『質的社会調査の方法――他者の合理性の理解社会学』『延長された表現型』『利己的な遺伝子』『知的生産の技術』『知的生活の方法』『効率的なGo ―データ指向によるGoアプリケーションの性能最適化』読みたい本『圏論の基礎』『ベーシック圏論』『圏論の技法』Awodey『圏論』『圏と表現論』『すべての概念はKan拡張である』近所の図書館で借りた本 2023年2月12日『仮想現実のメタフィジックス』『訂正可能性の哲学』『プログラミング言語の形式的意味論入門』『プログラミング言語の基礎理論』メモ→ノート→本『コンテンツ・インク戦略』本棚あれメモが本になる『英語の読み方-ニュース、SNSから小説まで (中公新書 2637)』技術書『検索システム 実務者のための開発改善ガイドブック』『インサイト原価計算』『SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法』『戦略は直観に従う ―イノベーションの偉人に学ぶ発想の法則』良い本『最強組織の法則』『ピアリング戦記 日本のインターネットを繋ぐ技術者たち』『THE MODEL』『情報検索 :検索エンジンの実装と評価』活字媒体『エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング』『生命と場所』『情報ネットワーク社会』『DevRel エンジニアフレンドリーになるための3C』あれ『謎床』『企業の理論』『OPEN INNOVATION』学者が書いた本の論理的欠陥が研究になる『テスト駆動開発』本が読めない『思考のOSとしてのアウトライナーを通じて「個人的」情報ツールについて考える: 文章を書き、考える人のための「アウトライナー」活用術 情報整理大全』『世界は「日記」でできている』『コンテンツ・デザインパターン』あれ『データモデル大全』本を書け本の題目ビジネス書『クラウドストーミング 組織外の力をフルに活用したアイディアのつくり方』『脳は世界をどう見ているのか 知能の謎を解く「1000の脳」理論』『世界一シンプルな増客マシーンの作り方』『トヨタの自工程完結』『トヨタの知識創造経営』『現代思想入門』『世界は贈与でできている』『テアイテトス(岩波文庫)』『宗教的経験の諸相』本を作る『路傍のピクニック』『裏世界ピクニック』『知識創造経営のプリンシプル: 賢慮資本主義の実践論』『暗夜行路』『リーダブルコード』『インダクション―推論・学習・発見の統合理論へ向けて』『異常の構造』『トップに売り込む最強交渉術』帰納的な本『最適輸送の理論とアルゴリズム (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 』『経営学講義』『セールスフォース式 売れる組織に変える9の方法 SALES MACHINE』『R・U・R(ロボット)』Marc M. Van Hulle『自己組織化マップ―理論・設計・応用』『幼年期の終り』『ナレッジ・イネーブリング―知識創造企業への五つの実践』『秘術としてのAI思考』『TAKE NOTES!――メモで、あなただけのアウトプットが自然にできるようになる』Erich Jantsch『自己組織化する宇宙―自然・生命・社会の創発的パラダイム』『世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方』本の主題案『遺伝的乗っ取り』『アジャイルな見積もりと計画づくり』『アジャイルソフトウェアエンジニアリング』『アジャイルサムライ−達人開発者への道』本を置く場所本を置く『Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方』『SQLアンチパターン』『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』近所の図書館で借りた本 2023年2月5日『ザ・ベロシティ』『Node.jsデザインパターン』『AI×クリエイティビティ 情報と生命とテクノロジーと。』『学歴無用論』『スピードに生きる』『ゆがめられた目標管理』『反逆の神話〔新版〕: 「反体制」はカネになる』『ブッダのことば』『原始仏典』『Clean Architecture 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計』『技術の創造と設計』『Viable Vision: Transforming Total Sales into Net Profits』本を書きたい他の本『社会を<モデル>でみる:数理社会学への招待』『言語の状態』図書館の本図書館で借りた本あれ『コンピュータと認知を理解する — 人工知能の限界と新しい設計理念』『気が付くと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ』『最高の結果を出すKPIマネジメント』宮台真司『制服少女たちの選択』『ザ・クリスタルボール』『The Goal』『ゴールドラット博士のコストに縛られるな!』『チェンジ・ザ・ルール! なぜ、出せるはずの利益が出ないのか』あれ『エンジニアリング組織論への招待』本の返却者『何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術』『Measure What Matters(メジャー・ホワット・マターズ) 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法 OKR 』『T字形ER データベース設計技法』NOVA 2019年春号『PLG プロダクト・レッド・グロース「セールスがプロダクトを売る時代」から「プロダクトでプロダクトを売る時代」へ』『エコティカ』『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生 (文春文庫)』まず牛を球とします。あれ『進化的アーキテクチャ』『記号と再帰』大堀淳『プログラム言語の基礎理論』 (共立出版)五十嵐淳『プログラミング言語の基礎概念』(サイエンス社)『遠くへ行きたければ、みんなで行け ~「ビジネス」「ブランド」「チーム」を変革するコミュニティの原則』『インターネットストラテジー』『死に急ぐ鯨たち』脚注の多い本が好き『バーティミアス』脚注の多い本近所の図書館で借りた本 2022年11月6日『小さなチーム、大きな仕事――働き方の新スタンダード』『微分・積分を知らずに経営を語るな』『幻覚の脳科学』あれあれ『電脳生物たち』『情報宇宙論』『情報と生命―脳・コンピュータ・宇宙』『イノベーションのジレンマ』本を電子化したい本の電子化浜崎廣『雑誌の死に方―“生き物”としての雑誌、その生態学』ロジスティクスブックオフで本買ってきたデライトで読書『メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 生きる技術!』情報の再利用あれあれ『軍事とロジスティクス』『人を動かす』『チームトポロジー 価値あるソフトウェアをすばやく届ける適応型組織設計』『未来のイヴ』二折本『予見しうる未来』『なぜ今、仏教なのか 瞑想・マインドフルネス・悟りの科学』『ソーシャルメディア・スタディーズ 』 天野 彬 『SNS変遷史 「いいね! 」でつながる社会のゆくえ』藤代 裕之『ソーシャルメディア論・改訂版 つながりを再設計する』『The Self-Organizing Economy』「情報検索:検索エンジンの実装と評価」1章 イントロダクション『論理データベース論考』本の処理読む本Stuart Kauffman『自己組織化と進化の論理―宇宙を貫く複雑系の法則』読書業務時間で本を読む『プロジェクトマネジメントの基本が全部わかる本』『問いかけの作法』『自己組織化とは何か―生物の形やリズムが生まれる原理を探る』今年2022年に読んで良かった本『成功の技法―起業家の組織心理学』中埜肇『弁証法―自由な思考のために』京極真『医療関係者のための信念対立解明アプローチ : コミュニケーション・スキル入門』『ポスト資本主義社会』『インターネットの地政学』『友達以上探偵未満』面白すぎる本『暁の寺』紙の本『ヒューマン・ネットワーク 人づきあいの経済学』『ワインバーグの文章読本: 自然石構築法』『現代経営入門』『春の雪』著作権切れの本『マインドフルネスストレス低減法』興味が湧く本『才能をひらく編集工学 世界の見方を変える10 の思考法』『思考のエンジン』『オブジェクト指向UIデザイン』櫻井通晴『管理会計〔第七版〕』『7つの習慣』『ソフトウエア企業の競争戦略』図書館にある本『パターン、Wiki、XP〜時を超えた創造の原則』本読む気力KDPなら2万字から本が出せるインターネットで言及されてる古い本に対して、無条件の信頼を置いてしまう本を読みたい『ニコマコス倫理学』『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』生物学研究者ウェブを見ているよりも、本を読んだ方が良いはずであるのに『白鯨』『理不尽な進化』『質的調査の方法〔第3版〕: 都市・文化・メディアの感じ方』本を読む本の余白『「プロジェクトマネジメントの基本が全部わかる本」は序盤から『交渉』について書いてるところが良いと思った』『単体テストの考え方/使い方』『半導体有事』『A Philosophy of Software Design』『DIE WITH ZERO』『科学革命の構造』『アッチェレランド』『知識創造企業』『大規模言語モデルは新たな知識か』『RDRA2.0 ハンドブック: 軽く柔軟で精度の高い要件定義のモデリング手法』宇宙の始まりが大体わかる本『ビジネスアーキテクチャとしてのREAモデルの考察』『経営は「実行」』『未来の衝撃』持てる本置いておける本読むべき本あれ『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて: 続・情報共有の未来』本を読もう本との出会いの場『しあわせの理由』『取材学』『amazonの絶対思考』『1兆ドルコーチ』『ビジネスダッシュボード 設計・実装ガイドブック 成果を生み出すデータと分析のデザイン』『さわって学べるPowerPlatform』『Power Appsではじめるローコード開発入門』『ひと目でわかるPower Appsローコードで作成するビジネスアプリ入門』『脳の中の幽霊』『ハイパーテキスト原論』『契約と組織の経済学』『エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのか』『ミーム・マシーンとしての私』Paul Krugman『自己組織化の経済学―経済秩序はいかに創発するか』『システムの思想―オートポイエーシス・プラス』『人を賢くする道具 ――インタフェース・デザインの認知科学』地政学の本には注意せよ『オクトローグ 酉島伝法作品集成』『食事のせいで、死なないために 食材別編』本が書ける『電気的言語』『ポスト・ヒューマン誕生』『シンギュラリティは近い』『「計画力」を強くする あなたの計画はなぜ失敗するか』読んだ本『インターネットはグローバル・ブレイン』『積読こそが完全な読書術である』本屋
ニルヴァーナ涅槃『ブッダが説いたこと』分類整理のための感覚感覚が思考を分類整理するパティッチャ・サムッパーダ退屈も面白い分離脳実験意識ある自己世俗仏教ドゥッカは自分次第無我の説法メッター瞑想慈悲の瞑想自己下位五蘊は無我アーチャン・チャーアナッター心のモジュール無常のものは自己ではない無我無我の理解には瞑想が必要現実歪曲空間意識は無我目撃者としての意識部族意識自己は存在しない『宗教的経験の諸相』見えない秩序色即是空無色『愛尽大経』『三昧王経』『念処経』阿羅漢異時点間効用関数感覚をマインドフルネスに観察地球脳原始仏典ヒンドゥー教思想真理はあなたたちを自由にする思考を自己と同一視縁起自己肥大記憶は錯覚注意欠陥障害情念の奴隷憎しみ依存空虚な充実充実した空思考は自らを思考する思考の外部性思考は自我に向けられたもの自我は思考を生み出さない自我は印象操作機関アラハント悟りを開いた者歩く瞑想ジョン・キーツ美は真実であり、真実は美であるタンハー進化生物学悟りは欲望の消滅八正道ドゥッカ進化心理学ベネフェクタンス四聖諦衝動に餌付けしないRAIN瞑想と仏教哲学への没入西洋仏教『無我相経』五蘊心のモジュール仮説万物は無常マインドフルネス瞑想ヴィパッサナー瞑想快楽のランニングマシン史上の善『般若心経』不ニ一元論相互依存的な共起赤い薬を飲んだ人間の理性自我自己中心性バイアス仏教は転迷開悟の宗教

あれ

2022/2/12 0:40:00

本を読み終わった。53のメモができた。
どう見ても語句の書きとりにしかなってないんだけど、追々本で学んだことを実践してメモを書いたときに、結びついてくるはず。