t_wの輪郭

KNS

2023/11/19 21:44:00

〈knowledge networking service〉

知的交流促進主な目的とした SNS 風のインターネット サービス概念としては宇田川デルン開発過程提唱し,デライトでも活用するようになった。

希哲11年8月27日,関連概念との使い分けが面倒になり使わなくなっていた Thoughtal Networking Service(THNX)の概念を復活。

希哲12年1月26日,「KNS」から「KNWS」へ改称。アクロニムとしては「ヌース」,英乱語風に「ノウズ」〈knows〉とも読め,より「」を連想させる字面になった。

希哲13年2月21日,より一般向けを意識したデライトに合わせて「KNS」に再改称した。字面的にも発音的にも SNS との関連性が分かりやすい。また,この一年で「KN」を利用した関連用語が充実してきたため,これだけで十分定問(テーマ)を表現出来ると判断した。

KNSの流行らなさKNSはSNSと対峙あれKNSはSNSと個人知識管理サービスの結合SNSのKNS化knowledge networking serviceKNSとは何かKNSの真価「KNSの導入を経営者に説得するにはどうすればいいでしょうか」マイクロブログ寄りのKNSチャット寄りのKNS「井戸端はWeb日記を再発明した」SNS(厳密にはマイクロブログ)と個人知識管理サービスを結合した KNS というアイデアアープラノートはKNS井戸端はKNSKNSを駆動するのは知識欲ではないKNSは「まとめ」と「言及」で駆動するあれ「SNSの次に来るKNS、デライト」みたいな動画を作ったらバズるだろうか……KNS雑記デライト(なんでもメモ)あれ「KNSとChatGPTを組み合わせると、どんなことができるでしょうか」『SNSの次に来るKNS、デライト』ちょっとしたデライト体験KNSは他者を必要としないKNSはすでに存在する
2つのウィンドウでデライトを開くと書くときに便利あれデライトみ教師データとしてデライトを使うあれデライトを書く敷居を下げるデライトは個人知識管理サービスの火薬庫デライトの急拡大デライト利用者あれデライトで稼ぐ小説投稿サイトとしてのデライトあれデライトの見どころデライト公式アプリデライト第三者アプリデライトアプリデライトについてまとまった文章を書くデライトはまだスマホでは使いにくい輪郭化したデライトの「使い方」「使い方」デライトが悪いデライトでのPARAデライトをクロールデライトを広めるデライトを使っているところを録画デライトを複窓で開いて、文章を書いているところを録画デライトの録画あれスマホでデライトデライトを読む面白さデライトは主観的に(神経目線で)知識のネットワークを見るデライトの楽しさデライトで下ネタデライト動画デライトは16^4輪以上書き込むことができる 「デライトは,輪郭法に基いた世界初の知能増幅メモサービスだ。私は,これを KNS(knowledge networking service)として SNS と対峙している。」デライトを使いこなせていないデライトを複窓で開いても使いこなせないデライト高速化デライターt_wのデライトの使い方(何に使っているか)t_wのデライトの使い方デライトをパクる描写埋め込み人間が最大のコンテンツならば、人間を最もよく表せるデライトは最大のコンテンツとなりうるあれデライトの検索欄デライトの広告を出すデライトでデライトを言語化デライト検索デライトがしたいデライトで小説の掲載デライトの見た目デライトでデライトが話題に!!あれデライトは検索しやすい記憶するデライトあれあれデライトクローラーデライトに誘致デライトの客層デライトの解説デライトを2年ぐらい使ってるけど、まだ未知の使い方があるような気がしてならない。あれ仕事サボってするデライトは最高に捗るデライトですら勉強しながらメモを取るのはつらいあれデライトの効果デライトは複数の上位構造を許容してくれるのがありがたいデライトの説明デライトで知性を増幅させよう!世界初の知能増幅メモサービスの魅力とは?デライトで管理デライトで漢字に振り仮名を振る様子あれTwitter、デライト、t_wの輪郭 の三角貿易フォークソノミーとしてのデライトあれ読み込み中...デライト文化デライトに広告を貼るデライトの「使い方」はまだわかりにくい気がする「使い方」でなぜ輪結を使わないのかデライトの書籍化デライトのタイムラインあれ仕事もせずにデライトしてるデライトでの小さな成功体験描写埋め込みの紹介デライト起点のクローラー『デライト Advent Calendar 2023』なぜScrapboxとデライトは似ていると感じるのかデライトとScrapboxの違うところデライト初見デライトで書く楽しさデライト用語デライトにおける能力の制限デライトを紹介デライトの紹介デライト紹介デライトの流速あれあれ概念の「輪郭」思考をメモ化するための記録としてデライトを使うデライトの利用者増えないかな。100人ぐらい。あれデライトは連想を促すデライトは自己反応(連想)するのが面白いデライトの最大化アイコンあれデライトのActivityPub対応デライトのIME化デライトはoEmbedに対応している?デライト普及の壁Googleを使ったデライトの全文検索あれデライトのチュートリアルあれデライトでやればよい「デライト 知能増幅」と検索したうえで「なんでもメモ、デライト」はなぜ知能増幅と言えるに足るのかという問いを再考してください。デライトの背景デライトで勉強デライトのSKKサーバー化デライト上で適当な投稿をして、「ここまで読んだ」をするデライトで漢字に振り仮名を振るデライトを使う方法デライト生放送デライトは収束思考には不向きデライトは世界最大のナレッジグラフではなかったデライトは楽しいデライト初心者デライトで共有あれあれデライトの利用規約デライト及び輪郭法を論文にするデライトで書く面白さデライトに熱中しながら周囲とデライトを共有しようとしない人デライトの人口あれデライトアプリ開発デライトアドベントカレンダーデライト中毒デライト メール通知あれデライトのココがスゴイ!デライトの学習あれデライト解説動画デライトの全文検索が面白いあれデライトの広告あれあれデライトを使っているとちゃんとした文章が書けなくなるあれ『メモと記憶』デライトは非構造化ツール?デライトを紹介する文章を作ってみるデライトの「はじめに」直下に次の行がある場合、字下げされないデライトに関する質問に答えるデライトの疑問イノベーション要件に見るデライト夜更かししてデライトをしてたら頭が痛くなってきたデライトの集客あれデライトの解説書輪郭法応用の難しさあれデライトクローンデライトで輪郭を編むmp4で録画したデータをデライトで表示できることに気付くデライトの通知デライトじゃんデライトの読みやすさ仕事でデライト書き検索デライト脳デライトは1万字が上限(未検証)デライトに書いたものが職場に届けというのは迂遠すぎるな下書きとしてのデライトデライトを下書きにしてnoteに転載する流れ夢の旅Ⅱがデライトと似ているデライトを満たすデライトでメモ付けてると知識獲得するモチベーションが湧きやすいデライトへの蓄積が効いてきているデライトは短文を積み上げ組み合わせるのが楽しいデライトで知識管理デライトの意匠あれ助けてデライトデライトを埋め尽くしたいデライトにおける間接的な言及デライトにおける直接的な言及あれ2022年6月3日仕事デライトにおける言及デライトの読み返しデライトにおける間接的な言及と直接的な言及の合わせ技デライトでフリーライティングデライトの未来予想デライトの学習デライトの学習チャットボットとデライトデライトあれデライト、何だこれあれデライトを少人数で独占する罪悪感引き入れについてのご質問から考えたことあれデライトを使い始めた理由デライト紹介動画デライトでメモを後で探せるように位置付けるには?デライトで生計を立てるデライトにツイ廃一人来るだけですごいことになりそうあれデライトをやっているだけで生計を立てられるようにならないものだろうか分散型デライトあれうちあわせCastを聞いていると、倉下 忠憲さんにデライトを紹介したくなるあれデライトおもすれー検索不要論あれあれあれデライトのボトルネックはUI?デライトをわかりやすくするか、デライトの営業部門を持つデライトのオープンソース化は検討中あれ輪郭(デライト)は用例集デライトでレスバトルは発生するかデライトの起爆剤あれあれ全知検索がデライトの真価デライトの公式っぽい人の思想が濃いデライトに興味があるけど使ってないScrapboxとデライトの比較Twitterっぽいデライト扉案あれデライトをSNSの発展型に見てしまうデライトに流入デライトを上手く使えるデライトの強みデライトを使ってみて欲しいデライトでBIZ UDゴシックお試しあれ引き入れデライトの機能デライトの描出速度が速くなったあれあれデライトの濁流躍動するデライトデライトは知能増幅デライトで睡眠改善デライトと睡眠は相性が悪そうあれデライトと私の脳が協調あれあれ知名全知検索デライト自身をユーザーテストをしたら面白いかもしれないデライトは翻訳語と相性が良い<私も雰囲気でデライトを使っているあれデライトの使い方の考え方デライトの学習デライトのスマホアプリあれあれデライトにスクリーンキャプチャーを表示あれデライトは拡散思考を記述し促進するのに役立つデライトで仕事デライト版の水の循環の絵辞書をデライトに取り込むデライトで人工言語あれデライト体験ちょっとしたデライト体験WebViewでデライトのCSSを書き換えるデライト婚あれデライトで推し活デライトの比較優位あれデライトのやりすぎデライトの検索デライトに対する反応デライトのわかりにくいところデライトの分かりにくいところデライトはわかりにくいデライトを紹介する難しさデライトについてnoteに投稿デライトの利用者が増えてきたあれデライトで他の人の投稿(輪郭)にリプライするにはどうすればいいの?デライト文書デライトは人間の知的作用のキャッシュデライトからScrapboxへ転記するスクリプトあれデライトで文化を研究してみるデライトブックマークt_wのデライトの使い方(cat ->no.nameさんへの回答)デライトの短期利益デライトと反復学習デライトを個人的な辞典として利用するデライトの使い道仕事・Misskey・デライト・散歩で1日が終わる日が多くなってきたデライトのターゲットデライトは興味による記憶を加速するデライト以後の時代デライトオンボーディングあれReRe: 発想を必要としていない輪郭小窓デライトの新機能『考えることを助ける公開メモサービス、デライト』あれあれあれ輪郭あれあれデライトでなければ書けない文章デライト自転車論デライトのおかげで書ける文章デライトの待欄は利用者が増えると追いきれなくなる2022年8月19日日記デライトとの結婚デライト(語インターネット)語インターネット(デライト)Scrapboxとデライトの似ているところあれデライトで積読あれデライトが言う所の暴力的な方法あれデライト触り(久)Scrapbox利用者のデライトに対する反応あれ2022年7月23日日記デライト分かってない(2年目)デライトで少し長めの文章を書くのが楽しいデライトで画像を投稿する方法SNS利用者がデライトに来て困るであろうことへのヒントデライトで何やったらいいの?あれデライトでリンクをバシバシに張ってると、今だと初見が引きそう?スマホでもデライトは使いやすいデライトを本に変換するサービスDeliverse国家事業としてのデライトデライトのウィジェット(ブログパーツ)化デライトと発想メモデライト三年生今日から役立つデライトデライトは哲学の用語と相性が良いデライトドライブデライトでデライター(デライト利用者)フォローする方法輪郭法による語句駆動からの脱却デライトだと、「特定の反応を集めたページ」みたいなものが自動で発生するFirefoxのサイドバーにデライトを表示したら便利だろうかデライトの流速が上がってほしい右クリックデライト検索非公式デライト拡張機能あれデライトサイドバーデライトに何を書くと嬉しいかあれあれポストデライトAIが書いた文章の置き場としてデライトは最適デライトは、知識の描き出しも、取り出すのも、超高速でできるデライトの身体化デライトから持ち出せない文章あれ社内デライトあれデライトで他の人の投稿(輪郭)に「いいね」する方法「なんでもメモ」っていうけど、デライトで何を書けばいいの?デライトの使い方あれあれあれデライト Advent Calendar 2023のふりかえりあれデライトをナレッジグラフとして推論に使用するデライト文学あれデライトは推論機能を持たないデライトの学習デライトは見出しが無くても困らないSNSに寄り添うデライト待欄あれデライトの利用者が増えてほしいデライトの知

KNS雑記

2023/3/5 21:40:00

KNSとは何か

 knowledge networking serviceの略であり、個人知識管理サービスSNSとが融合したサービスとなっている。SNSのように気軽に投稿できつつも、その投稿によって表現された知識が高度に管理可能なサービス。宇田川浩行氏によれば、「SNSの次」に来るサービス形態である。
 この文章では、このKNSについて雑多に書く。

KNSはすでに存在する

 KNSとして作られたデライト、Scrapboxの一部プロジェクト(井戸端アープラノート)など、すでにKNSは誕生している。

 井戸端やアープラノートに関しては、WikiであるScrapboxチャット的に用いることで知的交流を成している。

KNSの流行らなさ

 KNSは自己対話による面白さがある。故にKNSは他者を必要としない。必要とする度合いが低い。そのために、他の人を呼び込むことが少なくなり、広まるまでに時間がかかる。

KNSは「まとめ」と「言及」で駆動する

 KNSを通して、各種ウェブページをまとめ、さらにそれらに言及していくような使われ方が進んでいく。はてなブックマークに成り代わりTogetterに成り代わりSNSに成り代わる。そうして段階的に社会に浸透していく。
 そうした「外部サービス」としてKNSを見たとき、ウィジェット化が有用な機能として挙げられるだろう。KNSでまとめと言及をし、ウェブページの方でさらにKNS上のそれらが表示されれば、相互の流入が期待できる。
 そうして代替として普及しつつも、KNSの真価に触れた人にとっては、他では代替不可能なものとして確立されていく。

SNSの限界とその拡張、SNSのKNS化

 生物が単純な形態から複雑な形態へと進化したように、SNS上で交わされる話題の複雑化は当然のことながら生じる。
 Twitterではそれに対応するために、140字から280文字文字数制限を緩和した。ユーザーも自己リプライによって話題の複雑化に対処しようとしている。
 SNSのKNS化が進んでいる。タグや外部サービスによってまとめる機能が付与されていっている。つまり後付のまとめ機能でなんとかやりくりしている状態だ。
 しかし、そのやりくりも限界がある。抜本的な作り直しが必要になるときが来る。その時、既存のKNSが参考にされ、さらにSNSのKNS化が加速する。